【麦わら帽子を忘れない2】~音楽、4コマ漫画、ニコニコ動画のサイト~

音楽・投稿動画4コマ漫画推薦ニコニコ動画掲示板

↓全てのメニュー↓

トップページ

プロフィール

音楽・投稿動画

4コマ漫画

推薦ニコニコ動画

テキスト・日記

掲示板

メール

リンク

↓春の左利きの動画↓

↓zeroismの動画↓

↓DTM宅レコ関係↓

↓投稿動画の元ネタ↓

↓フルアコ関係↓

↓新しく描いた4コマ↓

出発

↓お世話になってるリンク↓

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ボイトレ
今日はひどくまじめにボイトレの話をしたいと思います。


特に高い声を出すための方法を書きます。なんでかというと、単純に質問を頂いたりしてることと、自分自身が出し方を見つけたときに大喜びだったからです。はい、誰にでも出せるんじゃないかと思います。しつこいですが今日はまじめです。


まず、音の高低により、声の種類は大きく3つに別れます。
チェストヴォイスミドルヴォイスヘッドヴォイスです。


<各ヴォイスの解説>

チェストヴォイス
地声。話してるときの声。つまり、誰でもリラックスして出せる音域。平和なイメージなので平和の象徴の緑色にしました。男性はミあたりまで。女性はシbあたりまで。

ミドルヴォイス
裏声と地声の間みたいな声。ミックスヴォイス。出せる出せないの自覚がない声。この音域は実は地声のように楽に出せるぜという意味で、さらさら流れる小川をイメージして水色です。男性はシあたりまで。女性はミかファあたりまで。j-popで男性ボーカルの曲の場合、ほとんどがこの声域で最高音を迎える。つまりラルクやミスチルは、さらさら歌えるってことです。

ヘッドヴォイス
俗にいう裏声だが、弱い声という意味ではなく強く地声のように出せる。ファルセットではない。高い音なんでイメージ的に黄色かなとw 男性はドあたりより上。女性はファかソあたりより上。


オレもそうだったんですが、ほとんどの人が「声は地声と裏声だけ」って認識だったんじゃないでしょうか。これが違うんですよー参ったことに。そして、こんなんいきなり使い分けられるんかいなと思った方、断言しますけど、地道な鍛錬ではなく、コツ次第でその日のうちに出せるようになります。あ、でも、コツが掴めなかったらダメだし、掴めても劇的に上手くなるということではないです。複式呼吸や姿勢やピッチやトーンやリズムやその他多くの上手くなるための要素っていうのは、地道な訓練で身に付くらしいのです。でもしつこいですが、地道に「マーマーマーマーマー」とか毎日やってても絶対出ませんよ。・・・まあ、絶対・・・ってことは・・・ない、かもしれないけど・・・


あ、補足します。人によって大きくことなるものがひとつ。喉の強さです。喉が枯れる枯れないで、これらの声域をマスターできてると判断するのは絶対好ましくありません。ちなみにオレは、くしゃみや酒で枯れるほど貧弱orz


はい。では、メタルみたいな高い声を出したいという欲求を満たしてみましょう。
つまりヘッドヴォイスに芯を与える方法です。


ヘッドヴォイスに芯を与える方法★


御家族・御近所に聴かれない環境かどうか確認してから、男性ならあたり(1弦8フレット)、女性ならあたりで裏声を出してみてください。この時、ママさんコーラスみたいな声の人はファルセットかも知れません。ファルセットは声帯がほぼ完全に開放されていてヘッドヴォイスのそれと間逆ですんで、好きなj-popの裏声のところをマネしてヘッドヴォイスを探してください。


その声の響きがどこにあるか確認してください。多分喉とか口の中って感じの人が多いと思います。その響きのポイントを、鼻腔へ・・・って感じで上の方に持っていき、更に、響きのポイントを絞って芯のある音にしていきます。口角を上げて、声が背中から頭に抜けてぐるんと前に飛び出してきてると思い込むと上手くいくはず。声出してる間は響きの焦点を合せることに集中してください。スカーンと鋭くて強い高音が出ます。





これでダメだった方には究極の裏技があります。





ぶらり途中下車の旅でお馴染み、滝口順平さんの口マネで見事解決!


「ちいさん、そんなにあわててどこいくんですきゃ?」



最後の音!!伸ばして強くして!!それです!!





・・それでもダメなら、みんな大好き目玉の親父!


「おい、鬼太郎!!」



鬼太郎ーーーーーーーーーーーーーー!!!!





どうですか。出来ましたかね。
ぶっちゃけ小さい犬の鳴きマネの方がいいかも知れません。


初めは蚊みたいな声かも知れませんが、「裏声に芯を与える」という新しい声との遭遇に成功です。あとは訓練で強くしていきます。響きのポイントを地声のように保ち続けるのは本当に難しくて、腹式呼吸やらなんやらがだいぶ影響します。ちなみに、その響いた声を、オレが指定した音より下げると焦点を合せづらく感じるんじゃないかと思います。そこは、ミドルヴォイスにすべき声域ということです。


↓参考文献:まじで最強のヴォイトレ本↓



ミドルヴォイスの出し方については、また今度♪
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

タグ : ミドルヴォイス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。